2008年06月15日

アルツハイマーのリスクを軽減、ブラックキャニオンコーヒー

世界で最も成功した代替作物プロジェクトの一つ
国連により、上記のように賞されたタイのコーヒー。
果たして、タイのコーヒーはおいしいのか?

第三回目

昨日はタイのフリーペーパー「WISE」の話を
しましたが、個人的には「タイ自由ランド」も
よく読んでいます。
タイ自由ランドは、フリーペーパーとして
10年も発行を続けているそうです。
タイのローカルな話題からバンコクの不動産の話
まで、分野を問わない内容で楽しいです。
先日は一面に「首長族の出張はダメ?」という
見出しがあり、ついつい手にとって読んで
しまいました。首長族ビジネスが盛んになり、
バンコクやチョンブリー県に出張することが
多いそうです。
それに反論するチェンマイ大学の教授の話です。
「首長族の方々はミャンマー人であり、
一定の地域で住むことを許されている人たち。
メーホンソン以外に勝手に行くことはできない」
とのこと。
私は、首長族がミャンマー人であったという
事実に驚きました。

さて、本題のコーヒーです。
BLACK CANYON COFFEEです。
http://www.blackcanyoncoffee.com/

タイではよくみかけます。
メニューが豊富で、タイ料理やサンドイッチなど
食事も美味しいです。
公式ホームページには、
「アルツハイマーのリスクを軽減する」という見出し
があります。
以前、コーヒーはガン予防になるとも聞いたことが
あります。一日一杯のコーヒーは健康増進には
良いのですね!!
糖分の取りすぎには要注意ですけど。
私の場合、一日10杯くらいでしょうか?
砂糖は控えています。
ブラックキャニオン1.JPG

エスプレッソ・・・55バーツ
ブルーキャニオン・55バーツ
アメリカーノ・・・55バーツ
カフェラテ・・・・65バーツ
モカ・・・・・・・65バーツ
他多数。アイスは10バーツ増し。

写真はカフェラテです。
苦味が強いですが、コクがあって美味しいと
思います。ミルクも多い。
アルファベットクッキーと口直し用のお茶という
「おまけ」がついてきます。値段も安いので、
コストパフォーマンスは良いといえるかも
しれません。
「おまけ」が付くと得した気分になります。
「ジャパネットたかた」のような戦略ですね。
よく考えられていると思いませんか??

それでは、また明日・・
posted by THAI COFFEE at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。